砂防ソイルセメントとは

HOME | 砂防ソイルセメントとは

What is Sabo Soil Cement?

砂防ソイルセメントとは

砂防ソイルセメントは、砂防事業を推進する中で現地⼟砂を有効活⽤するために開発されたもので、施⼯現場において現地⼟砂とセメント・固化材と⽔等を攪拌・混合して製造する材料のことです。その特徴は密度を⾼めることを⽬的とした配合ではなく、セメントの⽔和反応を活性化する配合(⼟砂、セメント・固化材、⽔)によって、その圧縮強度が2,000kN/m²を超えるものです。

砂防ソイルセメント供試体の圧縮試験の様子

なぜ固まるのか

Why is it hardening?

砂防ソイルセメントが固まるのはセメントを構成する「成分」が⽔と反応して様々な⽔和物を⽣成するためです。これを「⽔和反応」といいます。図1のように砂防ソイルセメントの強度は数⼗年単位で増進することが確認されています。

図1.現場採取コアの材齢と圧縮強度の関係

図1.現場採取コアの材齢と圧縮強度の関係

砂防ソイルセメントの利活⽤のメリット・デメリット

Advantages and disadvantages of utilizing "Sabo soil cement"

メリット1:搬出⼟砂の減少

現地⼟砂を活⽤するため、⼟砂を廃棄する場所が少なくなります。
 

メリット2:環境負荷低減への寄与

⽣コン⾞等の運⾏台数を⼤幅削減することにより、⼆酸化炭素の排出量や騒⾳・振動・粉じんを減らし、環境負荷を低減させることができます。また、近隣住⺠や観光客などの⼀般⾞両、登⼭者に対する安全性の向上も図れます。
 

メリット3:多様な施⼯条件への適合

現地⼟砂をその場で練り混ぜ建設資材とするため、コンクリート搬⼊の必要がなく、コンクリートの調達が難しい現場、⼯事⽤搬⼊路の計画が難しい現場、残⼟処理が難しい現場等、多様な現場条件に対応することが可能です。
 

メリット4:施⼯期間の短縮 

砂防ソイルセメント⼯法はコンクリート施⼯で必要となる養⽣期間が不要なため連続施⼯が可能です。これによりコンクリート施⼯と⽐べ施⼯期間を短縮することが出来ます。
 

メリット5:コスト縮減

現地⼟砂を建設資材として活⽤するため、⼤幅なコストダウンに繋がります。


デメリット1:本施⼯前の準備期間が必須

砂防ソイルセメントの活⽤には本施⼯前に配合試験と試験施⼯が必要となります。これらの実施期間として⼀般的には60⽇程度必要です。

  

デメリット2:施⼯現場を考慮した配合検討が必要

施⼯現場の様々な条件を考慮せず単純に配合試験を⾏った場合、要求品質を得られず配合試験のやり直しが発⽣し、コスト・⼯期に⼤きな影響を与えることがあります。

 

デメリット3:現場での品質管理に⼿間がかかる

施工現場の地形・地質・気候等の様々な条件変化に合わせた品質管理を行わないと、要求品質が得られないことがあります。このような問題が起こらないようにするため、現場での品質管理に手間をかけて対処する必要があります。

砂防ソイルセメントの製造⼯程(簡易版)

Sabo soil cement manufacturing process (Abridged edition)